競売を避ける方法|できるだけ高くマンション売却ができる方法を伝授

できるだけ高くマンション売却ができる方法を伝授

競売を避ける方法

家とお金

弁護士よりも専門業者に

住宅ローンが支払えず数ヶ月滞納したのち、ついにマイホームを競売にかけるという通告をされてしまったという場合、何の知識もなければこのまま競売にかけられるのを待つだけです。しかし、今は競売を避けられる制度があります。任意売却といって住宅ローンが残っており、しかも物件を売却して残債務がある場合でも売る事が出来る制度です。多くの方が任意売却で物件を売却しています。ただ手続きなどが難しいという事もあり、任意売却を行う際は専門家に依頼する必要があります。この時、弁護士ではなく任意売却を得意とする専門の業者に、依頼する事がおすすめです。弁護士の中にはいきなり、自己破産を勧めるケースも少なくありません。自己破産は全ての財産を失うなど、リスクの多い債務整理です。できるだけ避けたい自己破産を勧めてくる弁護士は、あまり信用出来ないと言えるでしょう。任意売却に強い専門の業者であれば、競売も自己破産も避けられる確率が高いのです。

競売数が減少している県

福岡県は年々、物件の競売数が減少していると言われています。あるデータを見ても福岡県では毎年1000件以上あった競売物件が、最近は350件ほどに減少しているのです。このようなデータを見ると福岡は景気が良く、住宅ローンを順調に支払える人が多いと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。実は福岡県では競売から、任意売却へと変更して物件を売却するケースが増えているのです。競売の場合、市場価格よりも半値程に売却価格が下がる事が多いのですが、任意売却の場合は、ほぼ市場価格と同じ金額で売る事が出来ます。任意売却は売却した額から支払っても、住宅ローンが残っている場合は、完済する必要があるものの、一括返済ではなく分割支払いも可能です。任意売却を得意とする業者が福岡にはあるので、競売の不安を抱えている方は、相談してみる事をおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加