マレーシアへの投資|できるだけ高くマンション売却ができる方法を伝授

できるだけ高くマンション売却ができる方法を伝授

マレーシアへの投資

一軒家

巨大開発で地価上昇

マレーシア第2の都市であるジョホールバルの不動産は、現在アジアで最も注目を集めている投資先のひとつです。このエリアでは2006年から2025年までの予定で、イスカンダル計画という巨大開発プロジェクトが推し進められています。2016年9月までに、すでに約6兆円の資金が投入され、今後も不動産価格の大幅な上昇が期待されています。ジョホール不動産投資の中心は、都心部の高層コンドミニアムや、郊外の高級土地付きヴィラなどの物件になります。ある程度まとまった資金が必要になるので、信頼できる商談相手を選ばなければなりません。管理の手間や法律的な交渉を考えると、現地に詳しいコンサルタントに依頼する必要があるでしょう。

優れた住環境

ジョホール地区はシンガポールと隣接していて、交通の便の良さが特徴のひとつになっています。開発プロジェクトもマレーシアとシンガポールが共同で行なっています。人口過密で地価が非常に高いシンガポールに比べると、ジョホールの不動産はリーズナブルな上に、周辺には豊かな自然環境が残されています。また名門教育機関や医療施設、アミューズメント施設などが次々に新設され、魅力あふれる居住エリアになりつつあります。こうしたことからジョホールの不動産は、シンガポールやマレーシアの住民だけでなく、外国人投資家からも高い人気を集めています。もちろん自分自身で住むこともできますが、大きなキャピタルゲインを期待することも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加